サイト情報
時刻表の基礎知識
時刻表の基礎知識
時刻表の見方
時刻表の見方
時刻表の種類
時刻表の種類
時刻表の楽しみ方
時刻表の楽しみ方
時刻表と青春18切符
時刻表と青春18切符
鉄道の楽しみ方
鉄道の楽しみ方

時刻表 大百科

鉄道の楽しみ方

駅弁

鉄道旅行の楽しみは、駅弁を食べることにあるという人も少なくありません。日本全国で名物駅弁が販売されており、同じ路線でも駅ごとに駅弁が違うので、行きと帰りで異なる駅弁を買えば、鉄道旅行の楽しみはますます増えます。

駅弁が食べて美味しさに感動するだけでなく、包装紙や容器を持ち帰ることで、旅の思い出や記念にもなるものもあり、容器に工夫があって再利用できるものも少なくありません。

駅弁というと、停車時間に列車の窓から駅弁売りを呼んで買うのが楽しみと言う人もいるでしょうが、新幹線などでは窓が開かないので駅売りで買うのは困難です。ただ、車内サービスで名物の駅弁を販売してくれるので、新幹線などでも十分楽しむ事ができます。

駅弁は明治18年からあり、日本で最初の駅弁は宇都宮駅で売られた、竹の皮に包んだ2個のおにぎりとタクワンであるとされています。その後、日本全国の駅へ広がっていき、種類もかなり豊富になっています。最近は駅弁売りの姿が減っただけでなく、手軽な駅弁のイメージから値段も上がって、1つ3,000円もする豪華な駅弁まで販売されています。日本全国に名物の駅弁がありますが、長くに渡って親しまれているのが、信越本線の横川駅で売られている峠の釜めしで、益子焼の容器に、とり肉や栗などたくさんの具の入った釜飯があります。

香ばしい釜めしの臭いと、ふっくらとして懐かしい味わいの釜めしは、現代でも人気の駅弁の一つです。また、全国で最も売れている駅弁の一つと言われる富山駅のますのすしは富山名物ともいわれ、駅弁から始まって全国のデパートなどで売られるようになっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 時刻表 大百科 All Rights Reserved